ガイド日誌

羅臼岳_8月

8月の羅臼岳は基本的には夏山の様相
羅臼岳岩尾別コースは残雪はないため、軽アイゼンなどのご準備は必要ありません

天候が良ければ、長そでシャツ一枚で過ごせます

8月は水分補給や暑さ、紫外線対策を優先してくださいね

20210825-2

羅臼岳に基本、水場はございません

この時期、水分は2Lを目安とさせていただいております
ただ、それぞれの方で水分の摂取量は異なりますので、「2L」はあくまでも目安になります

お客様によっては4L持参された方もいらっしゃいました
お手洗いが気になる、重たくなることが嫌だという方もいらっしゃると思いますが、「飲まない」ことは熱中症などの体調不良を引き起こす要因となりますので、水分は十分にご準備くださいね

20210825-3

8月下旬になりますと、日によっては頂上付近の体感気温は10℃を下回る日もございます

写真の日は風雨が強く、レインウエア上下、手袋着用で行動しても、休憩時間には寒さを感じるほどでした

薄手のダウンやフリース、ビーニー(薄いニットキャップ)、手袋(春秋用)、ネックゲーターなどの準備が必要なのも8月の羅臼岳です

お花のピークは過ぎ、頂上直下のチングルマは綿毛の季節

ピークは過ぎましたが、晩夏に咲くイワギキョウ、エゾノオヤマリンドウ、イワブクロなどを標高の高い場所で見ることができるでしょう

20210825-5

標高の高い場所にあるナナカマドは早くも紅葉を迎えています

9月は紅葉が美しく、気温も下がり、空気も澄んでくる時期

秋の羅臼岳

花の百名山とはなりませんが、登山者も減り、静かで魅力的な時期です

是非ご検討くださいね

関連記事

TOP