アウトドアスタイル

outer&inner

アウター・インナー

アウター・インナー

インナー

肌に一番近い場所に着る服。汗を素早く乾かす速乾性の素材ですとより快適に過ごせますよ。

ミドルレイヤー

インナーとアウターの中間に着る服。フリースやシャツなどが一般的。夏場でも紫外線対策や防虫、植物かぶれなどに有効です。是非ご準備くださいね。

アウター

風や雨、雪などから寒さや濡れを防ぐ服。防水性や透湿性のあるものが良いですが、夏の知床五湖などのハイキングであればファストファッションやワーク系のウインドブレーカーなどでも代用できます。

rainwear

レインウェア

レインウェア

天候が悪い日に使用するのはもちろん、肌寒い日に羽織ることも。さらに冬季のスノーシュープランなどでもインナーやミドルレイヤーを厚くすることでアウターの代用にすることができます。これからハイキングや登山をはじめたい方は一番最初に購入を検討していただきたいアイテムです。なお、弊社ではプラン参加の方へは長ぐつを無料でお貸ししております。足元が悪い日はお気軽にご相談ください。

backpack

バックパック

バックパック

夏のハイキングプランも冬のスノーシュープランも両手を空けてご参加いただくようにお願いしております。夏はアウターやレインウエア、ミドルレイヤーや飲料水が入る20リットル前後のサイズが便利。冬はダウンジャケットや温かい飲み物を入れるポットなどが入る30リットル前後のサイズがベスト。斜め掛けのバッグでも代用可能ですが、濡れたり汚れたりしても良いものを持参くださいね。

shoes

靴

夏のハイキングでは普段履き慣れているスニーカーなどでも構いません。冬はくるぶしまで覆うミドルカットもしくはハイカットの靴がおススメです。スノーシュープランへご参加いただく時に便利であるだけでなく、旅行中もスニーカーやパンプスタイプの靴ですと、靴の中に雪が入り不快です。知床アルパではプラン参加の方へレンタルスノーブーツを準備しております(有料1回500 円*税込)。数やサイズには限りがございますので、お早めにご相談ください。

サマー

forest

森・湖

森・湖

夏でもロングスリーブシャツ・ロングパンツをおススメいたします。本州より涼しいことが多く、特に朝や夕方は冷えることがございます。また防虫や植物かぶれなどにも有効です。
ストレッチ素材や速乾素材だとさらに快適ですよ。帽子は紫外線対策のため持参した方が良いアイテムです。また手袋は防虫、植物かぶれに有効ですので、肌の弱い方はご準備ください。特に6月や9月は不意に冷え込む日があるため、この時期に訪れる方は寒さ対策としてご準備くださいね。

river

川

頻繁に濡れてしまうことや防虫のため、上は速乾性のロングスリーブシャツをおススメします。帽子のご準備もお忘れなく! 日差しが防げると川が良く見えるようになるため、さかな捕りやテンカラフィッシングがより楽しめます。またくるぶしが隠れる靴下をご準備ください。このプランではウエーダー(胴長)を着用しますが、くるぶしが出ているとウエーダーのゴムとくるぶしがあたり皮が剥けることがあるためです。

sea

海

5月~8月上旬まで実施するSUP では、ほとんどの期間でドライスーツを着用します。このスーツは落水しても水が入りづらいワンピースのスーツですが、外からの水や空気をシャットダウンする反面、内側にも熱や汗がこもります。そのため速乾素材のシャツやパンツをおススメしております。遮るもののない海でのプランですので、紫外線対策から帽子は必須です。日焼け止めとの併用でさらに対策できますよ。サングラスもあると良いアイテム。さらにスマホやカメラ、タオルなどを守るためのドライバッグがあれば完璧です(有料レンタルもございます)。

ウインター

forest

森・湖

森・湖

雪や風から身を守るアウター(外気に触れる服)は大切なアイテム。上下をご準備いただくと快適に北海道の冬のアクティビティを楽しめます。特にアウトドアブランドのウェアが防風性、透湿性に優れているのでおススメですが、ファストファッションやワーク系のアウターでも大丈夫ですよ。天気の良い日にフカフカの雪の上を歩くと、日によっては汗をかくことも。天候や運動量に応じて、こまめに脱ぎ着できるレイヤリング(重ね着)を意識すると快適に過ごせます。氷点下でのアクティビティになりますので、耳まで隠れる暖かい帽子やネックゲーター、手袋は忘れずにご準備ください。靴は雪が入りづらいブーツタイプをおススメしています。

sea

海

厚い生地でできたドライスーツを着用します。このスーツは耐水性、防水性、保温性に優れ、海に入ってもよく浮きます。外からの冷たい水や空気を遮る優れモノですが、内側は体温と同じ温度まで上昇し湿気も排出されません。そのためあまり厚着をすると蒸れて不快です。上はロングスリーブシャツ+フリースなど、下はタイツ+ロングパンツ程度がちょうど良いとお考えください。なお、ハイネックのセーターやパーカーなど首を隠す服ではドライスーツを着用できませんのでご注意ください。暖かい靴下と耳まで隠れる暖かい帽子はご準備くださいね。さらにスマホやカメラ、タオルなどを守るためのドライバッグがあれば完璧です(有料レンタルもございます)。

プランを探す

TOP