16日 8月 2017
斜里川流域には日本に住む3種のザリガニのうち唯一の在来種であるニホンザリガニも生息しています。 かつては北日本の山地の川に多く分布していましたが、現在は北海道、青森県、岩手県及び秋田県の1道3県に少数が分布するのみ。 2000年には絶滅危惧II類...
08日 8月 2017
8月8日の斜里岳ツアー。 集合時、ふもとの清里町はしっとりとした霧。 出発時も濡れるためレインウエア上下を着こむ。 終日、展望のない登山を覚悟するも、「暑くなくてよかったわ。」というゲストの前向きな発言がうれしい。 しかし、下二股までくると山頂方面が明るい! もしかしたら頂上付近は雲の上かもと、レインウエアを脱ぎ期待を胸に歩を進める。...
29日 7月 2017
やっぱり夏の川は楽しい! 昨日は一日降雨。 でも心配された増水の影響はなく、無事に川へエントリー! 初めての胴長。 「歩くの難しい~」との声も最初だけ。 すぐに慣れ、川をバシャバシャと遡行。 湧水の川。 長そで、胴長着用でも汗をかかない天然のエアコン。
22日 7月 2017
7月21日は地元中学校の斜里岳登山への協力をさせていただきました。 4班のうち、笠井は頂上ではなく馬の瀬を目指す班を担当。
17日 7月 2017
7月17日の気温はなんと15℃!3日前の35℃はなんだったのか!? 涼しさを通り越し肌寒い一日でした。 知床五湖は深い霧に包まれ幻想的。 本日のゲストに先日ご案内したフランス人から教わったパノラマモードでの写真撮影を紹介したらハマりました。 ノリノリでの写真撮影、また天気の良い日に同じ構図でチャレンジしたいとのこと! 再訪をお持ちしておりますね。
17日 7月 2017
全国で一番暑いのが北海道という日が続き、知床五湖などでも連日30℃超!慣れない暑さに滅入っています。 例年なら標高約700mに位置する羅臼湖は涼しいのですが、この地も今年は別格の暑さ。7月6日にあった雪渓は完全に消滅。 でも羅臼湖展望地の正面に位置する知西別岳にはまだ涼やかな雪渓が残っていました。...
12日 7月 2017
30℃を超え蒸し暑い今年の7月。北海道の端っこらしくない好天。 涼しかった6月が懐かしいです。 でも標高を700mまで上げると、だいぶ涼しくなります。 絶景のオホーツク海を眺望でき、ほとんど人は訪れない硫黄山新噴火口は知床の穴場と言えそうです。 ご依頼は少ないので、プライベートツアーになることも魅力でしょうか。
06日 7月 2017
7月6日の羅臼湖。 少しの雨が植物たちをしっとりと濡らしていました。 モウセンゴケ、ハクサンチドリ、ウコンウツギ、ミツバオウレン、遠いところにはチングルマやミズバショウもまだ見られましたよ。 雪渓はあと数日で上に乗ることは難しくなりそう。 知床の奥座敷は今日も涼しく静か。だいぶ足元のぬかるみもなくなってきました。...
04日 7月 2017
斜里川の中流、清里町に位置するさくらの滝。 文字通り7月は上流を目指す多くのサクラマスのジャンプを観察することができます! さくらの滝、神の子池、裏摩周展望台など、豊かな「水」と「自然」を感じられる清里町にぜひお越しください! 知床から車で約60分ですよ。
30日 6月 2017
今日は小学校の授業への協力で川の生き物観察会。 最高の天気の中で最高気温は30℃を超えた斜里ですが、川の中は涼しくたくさんのヤマメやオショロコマ、水生昆虫を採捕しましたよ。 美しい溪で素敵な時間を子供たちと共有。よい学習ができたかな!?

さらに表示する