5月の羅臼湖

5月22日の羅臼湖。

朝から風が強く霧雨模様。羅臼湖を目指し進も標高600m以上の視界は100mあまり。体感気温ひとケタの厳しい日。

 

出発するも天候は変わらず。

登山道を覆う雪、まだ溶けていない2沼や3沼、足元を走る雪解け水、開けない視界、徐々に強くなる風、そして藪漕ぎ(少しだけ)。

こんな日にここを訪れる人はおらず、貸切の世界。

でも笑顔で写真を撮る前向きなゲストの気持ちが嬉しい。

 

羅臼湖は登山道の約半分がまだ雪の下です。もちろんスニーカーなどで立入ることはできません。

6月初旬までは雪山初級編の技術が必要な場所です。

ガイドと行くこともお考えくださいね。