12月のシロザケ

 

12月18日の最低気温は-15℃。今年の冬は寒いかもしれない。

 

冷えた朝、まぶしい朝日に誘われてワシが多く集まる川へ行ってみる。

 

河岸には氷が張り、そしてフロストフラワーも見た。-15℃以下に冷えた風のない静かな朝だけ見ることができる現象。観測点の気温よりこの辺りの方が少し寒かったのかもしれない。

 

 

 

 

フロストフラワーを接写。

 

氷から昇華した水蒸気が付着して氷の結晶を作り、それが発達した美しい結晶。

 

 

 

12月中旬でもサケは産卵をしている。この場所では例年1月までサケの産卵を観察できる。

 

意外にこの時期のサケを探すのは簡単で、河畔林に注目するだけで良い。

 

ワシやカラスが多ければ、その下には必ずといっていいほどサケが産卵しているからだ。

 

この場所でも50m上流でサケを捕獲して食べていたオジロワシがいた。

 

こうした場所の河岸にはもちろんキツネなどの足跡も多い。

 

北海道のサケは人間だでけなく、多くの生き物の命を支えている。

 

この川のように河口から上流までダムのような障害がない川は、上流域まで多くの野生生物の命をサケが支える。

 

静かに昔からの営みを観察できた一日に感謝。