日本登山医学会認定 山岳ファーストエイド講習

 

12月1日~3日まで、ニセコ町で開催された日本登山医学会認定 山岳ファーストエイド講習会を受講してきました。

 

2泊3日、登山など野外での活動における生理的変化、傷病、応急・救命処置に関し、欧州や北米などで標準的となりつつある医学的知見に基づく知識と技術の習得を目的とした講習でした。

 

山岳地域における豊富な受傷エビデンス、そして事故事例。

これまでよりも、よりリアルに「遭難」や「対応」を考えさせられました。

 

警察官や消防、自衛隊、遭対協、ガイドなど山岳遭難に携わる方の多くが受講されていることが良く理解できました。

今回も山岳遭難に直接かかわる方が多かったですよ。

 

雪上で豊富なトレーニングも実施しましたが、「実例の写真やその事例を他人に提示することは、間違った解釈や普及を防ぐため公開してはいけない」とのことで残念ながらご紹介できません。

 

知床から往復1,000㎞!でしたが、本当に参加して良かった講習会でした。

 

興味のある方はぜひ、下記URLを参照くださいね。

http://www.jsmmed.org/firstaid/fa_index.html