昭和の香りがする街で釣りをする

 

魚のいる環境を深く観察しなければ、釣りは成り立たない。

だから毎年の記録は大切で、水温・天候・釣果・できれば胃内容物までをチェックする。

 

今年もいつも行く昭和香る街で釣りをした。

 

聞けばこのスナックのママ、素敵すぎるご年齢だという(笑)。

また、完全予約制でふらりと行っても開いていないとのこと。

 

別の店の看板には石炭の文字。

でも、もう石炭は売っていないそうです。

  

昭和を感じられる町で、北海道の自然、川、そして在来魚の未来を想いながら釣りをしませんか?